Staff blog

散髪は2週間に一度。

三谷 隆史
2022.02.28

こんにちは。現場監督の三谷です。

今回もひでくん(田中)に僕の言葉を文章にしてもらい久々にブログを更新しようと思います。

 

皆さんもご存じの方が多いとは思いますが、最近はウッドショックの関係で木材だけではなく、金属や石膏ボード、壁紙やコーキング剤などなど、建築に関わるたくさんの物が値上がりしてきています。

そんな中でも、ありがたいことにjigsawでは2月3月と棟上げが続き大変忙しい日々を送らせていただいてます。

 

仕事を受注してくる営業さん、そして各現場の工程を管理する現場監督が忙しければ現場で作業をする職人さんも当然忙しいです。

忙しければおろそかになりがちなのが現場の清掃だったりします。

工事が進むにつれ、石膏ボードや段ボール、木材の切れ端などたくさんのゴミが出ます。

現場にゴミかごはありますが、回収できないゴミや余った木材などは定期的に回収して現場で作業がしやすいように、そしていつお施主様が来ても恥ずかしくないように整理整頓し回収しています。

 

余った木材とゴミをトラックに積込み。

必要な木材はまとめ直し、シートもたたんできれいに。

余計な物が散乱していないので現場がとてもきれいになりました。

 

現場は会社の顔。できる限りきれいを保ちたいです。

そんな現場の清掃を、今日はひでくんの方から

『明日は雨やし、僕も手伝うんで一緒にE様邸の現場に行きませんか?』と、めずらしく言ってくれたので一緒に掃除してきました。

 

持って帰ってきたゴミや木材はきちんと分けて積み下ろし。

これは倉庫の一部ですが、必要な物などが分かりやすいように整理整頓し、在庫の管理も自分が行っております。

というか自分がやらないと気がすみません。笑 きっとこれは性分なのでしょう。

 

けれど全てはみんなが仕事がしやすいように。

 

 

そして夕方にE様邸の外構工事を現地で外構屋さんとひでくんと3人で確認しました。

階段の段数や幅、隣地のブロックや雨の排水先など細かく打合せをし、『だろう』ではなくしつこいほど確認。

時間も手間もかかりますが、こうすることでお互いの思い込みからのミスなどが減り、トラブルも減ります。

結果、間違いからのやり直しなどが減り、不必要な出費やトラブル、工期の延長などが無くなりみんなの仕事がしやすくなります。

 

そんな僕の仕事の一部を今日はお話させてもらいました。

そんな特に変わったことはしておりませんが、全ては『選んでくれたお客様の為に』と『現場に携わる全ての人が仕事がしやすいように』できる限りやっていきたいと思います。

 

 

※けど工程がズレるのは嫌いなので大工さん、職人さん達、みんな僕の作った工程表は守ってね^^笑

 

 

 

All blog