Staff

Engineer 種田 修弥 Syuya Taneda
俯瞰する力

「ゴールキーパーと現場監督って、『俯瞰して見る』という点で通じるところがあると思うんです」小学3年生でサッカーをはじめ、現在も週末は友人たちとフットサルを楽しんでいる種田さん。
小学生から現在まで継続してサッカーに関わり続け、ゴールキーパーとして仲間たちのプレーを後ろから見てきた。そんな種田さんがjigsawで担う役割は、現場を統括する「現場監督」という仕事だ。

「ゴールキーパーとしての僕は、全体を俯瞰的に把握してチームがうまく機能するように指示を出す力に自信があります。これはまさに、たくさんの人が関わる家づくりに活かせる力なんです」目下、自分の持つ俯瞰力を活かしながら、さらにスキルを積み上げることが目標だと話す種田さん。

「コツコツと少しずつでも成長していくことで、自分で自分を客観的に信じることができるように。そして、他者からも信頼してもらえるように。そんな生き方・仕事をしていきたいんです」と、背筋を伸ばした。

All staff